💋

応募に返信するときのポイント

ここでは、応募者の方への返信のポイントをご案内します。

📌応募者の体験を第一に考えましょう

応募者の方には可能な限り丁寧に、未来を見据えたやりとりを心がけましょう。

応募者の方が将来のお客様になる可能性もふまえ、ご自身が転職活動をされる際に、相手方の企業からされて不快になるような対応は行わないように心がけてください。

💡

・応募者は将来のお客様 ・今回ご縁がなくとも、将来を見据えた関係性づくりを

📌できるだけご返信をお願いします

  • 応募者の方は企業からのリアクションを待っています
  • ご縁のない場合も、可能な限りご返信をお願いします📩

💡

・返事がないと、応募者の方の転職活動がストップしてしまいます ・応募者の方へのご配慮をお願いします

📌応募の種類にあった返信をしましょう

  • bosyu Jobsで求職者が行える応募は以下の2種類です。

1. 話を聞きたい🦻

  • 具体的なエントリーではなく、興味があるのでまず話を聞いてみたいという状態です
  • 応募者からの質問には可能な限りご返信ください
  • 応募者の経験やSNSなどで少しでも興味があったら、積極的にお話してみましょう
  • ご縁がない場合も「選考した」というトーンにならないご返信をお願いします
    • よい例🙆‍♀️
    • 👉

      こんにちは。当社に興味をお持ちいただきありがとうございます! 当社の開発スタイルに特に興味をお持ちとのことですので、まずは当社のエンジニアとカジュアルに20分程度お話してみませんか? 提示する日程からご都合の良い日程をお選び頂けますと幸いです!

    • よくない例🙅‍♀️
    • 👉

      こんにちは。当社に興味をお持ちいただきありがとうございます。 ご経験を拝見して選考させていただきました結果、誠に残念ではございますが今回は見送りとさせていただくこととなりました。 ご希望に添えず申し訳ありませんが、ご了承いただきますようお願いいたします。

2. 応募したい

  • 選考に正式にエントリーしたいという状態です
  • 面談前に知っておきたいことがあれば、メッセージで確認してみましょう

💡

経歴書から読み取れなかった点などは、メッセージで積極的に確認してみましょう

⏰面談したいときは自動日程調整機能で予定を提示しましょう

  • bosyu Jobs ではGoogleカレンダーと連携して、自動で日程調整ができる機能をご用意しています
  • 応募者にとっても日程調整の手間が省けるため、積極的に利用していきましょう
  • 機能の詳細はこちらからをご覧ください

解決しない場合

募集内容のご相談なども、お気軽にこちらのチャットよりお問い合わせください。